キア・ソウルEVをキャッチ

公開 : 2014.02.05 20:20  更新 : 2021.03.05 21:37

キア・ソウルのEVは、半年後に英国で発売される予定だが、その姿をキャッチした。2月6日からはじまるシカゴ・モーターショーで発表されるモデルではあるが、そのプロモーション・ビデオの撮影を北米で行っていたのだ。

EVモデルは9月からの発売、そして通常のソウルは3月にコンベンショナルなエンジンを搭載して発売されることになっている。

このソウルは、シードと同じプラットフォームを持つ。ホイールベースは20mm延長され2570mm。第一世代のソウルよりもボディ剛性は29%も高くなっている。

EVのためのバッテリー・パックはリア・シートの下に納められるため、354ℓのブート・スペースは犠牲になっていない。しかし、重量は200kgほど標準モデルよりも重くなっている。

スタイリングは、ヘッドラインプ、ボンネット、グリルが異なり、低抵抗タイヤが履かされている。

チャージは2種類。通常の充電ではフル充電まで5時間。急速チャージでは25分で80%のチャージが可能だ。航続距離は193km。都市部では145kmとなる。パフォーマンスは0-100km/hは12秒以下、最高速度は145km/hだ。

£25,000(413万円)が政府の補助金等が当てられる前の価格だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事