マスタングGT350は420bhp

公開 : 2014.02.07 20:20  更新 : 2017.06.01 02:14

フォード・マスタングのトップ・モデルになるGT350の最初のスクープ・ショットだ。このGT350は来年初めに販売が予定されているモデルである。

エンジンは5.0ℓスーパーチャージャーのコヨーテV8を搭載。そのパワー、トルクは420bhp、53.9kg-mになる。また、トランスミッションは6速マニュアルおよび6速オートマティックが組み合わせられる。

このテスト・モデルはフロント部分に大きなカモフラージュがされていることからも、そのフロント・バンパーとボンネットがスタンダード・モデルと異なることが予想される。より大きなエア・インテークが与えられ、フロント・グリルが専用のものとなり、ボンネットには大きなパワー・バルジが与えられるようだ。また、19インチのホイールの奥には、ハイ・パフォーマンスにアップグレードされたブレーキも見える。

先月デトロイト・モーターショーで発表された新しいマスタングは、初めて独立懸架となったリア・サスペンションを持つモデルだ。

このGT350は来年1月のデトロイト・モーターショーで発表される予定だ。しかし、今年が1964年にオリジナルのマスタングが発表されて50周年を迎えることから、4月のニューヨーク・モーターショーで発表される可能性もあるという。もちろん、フォードのスポークスマンは、将来の計画については何もコメントできないとAUTOCARに語っている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事