ポルシェ、今年のル・マンは4台のワークス体制

公開 : 2014.02.14 12:21  更新 : 2017.06.01 02:14

ル・マン24時間レースの主催者であるACOが、今年のエントリー・リストを発表した。それによれば、ポルシェは2台の919ハイブリッドでLMP1に、そして2台の911 RSRでGTEプロ・クラスにエントリーする。919の2台はポルシェ・チーム、そして911 RSRの2台はポルシェ・チーム・マンタイからのエントリーで、それぞれワークス参戦となる。

919は既にお伝えした通り、スーパーチャージャー付きのV4とモーターを組み合わせたハイブリッド・モデル。ドライバーは、ティモ・ベルンハルト、ロマン・デュマがそれぞれカーナンバー20とカーナンバー14をドライブする。また、更にブレンドン・ハートレー、ニール・ジャニ、マルク・リーブ、マーク・ウェーバーが、その2人と組むことになるが、その組わせは現時点では未定だ。

昨年、クラス1-2フィニッシュを挙げたGTEプロ・クラスに参加するのは2台の911 RSR。2013年の最終戦に投入された新型マシンで、カーナンバー91および92でのエントリーとなる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事