プジョー301、11月1日にデビュー

公開 : 2012.05.25 11:17  更新 : 2017.06.01 00:55

新しいプジョーのコンパクト4ドア・サルーン、301だ。この長さ4440mmのプジョー301は、9月のパリ・モーターショーでデビューする予定だ。

2650mmのホイールベースが持たらすクラストップの506リッターの荷室容量を持つスタイリッシュなこの301で、フランスのメーカーは同じセグメントのトップをとることを考えている。ESP、ABS、4エアバッグ、非常ブレーキ・アシスト・システムを含む安全装置も装備される。

エンジン・ラインナップもプジョー301では一新される。208から引き継がれる新しい3気筒1.2リッターVTiエンジンは、プジョー301では70bhpのパワーを持ち、マニュアルまたはオートマチック・ギアボックスが組み合わせられる。

1.6リッターは91bhpの1.6HDiディーゼルと114bhpの1.6VTiガソリン・エンジンがラインナップされる。ディーゼルはマニュアルのみ、ガソリンはマニュアルとオートマチックが選べる。

安価なクルマではあるが、プレミアムなインテリアも用意される。MP3、ブルートゥース、USB接続、エアコン、ハンズフリー電話、トランク自動オープニング、リア・パーキング・アシスタンスなどが提供される予定だ。

新しい301は、スペインのヴィゴ工場で生産される。まず最初に11月1日よりトルコで販売され、その後、中央および東ヨーロッパ、ロシア、中東、ラテン・アメリカそしてアフリカで販売される予定だ。

関連テーマ