F-1 バーレーン・テスト3日目

公開 : 2014.02.22 19:50  更新 : 2017.06.01 02:14

  • 3日目のトップ・タイムは、メルセデスW05をドライブしたルイス・ハミルトン。タイムは1分34秒263。

  • ジェイソン・バトンは、目立ったトラブルもなく2番手タイムをマーク。

  • ジェイソン・バトンは、プライベートでは道端ジェシカとの婚約を発表した。

  • エスティバン・グティエレスは96周をこなしている。タイムも4番手を記録した。

  • フォース・インディアに移籍したセルジオ・ペレス。初めて満足にマシンをドライブ。

  • キミ・ライコネンは44周。午前中は満足に走れなかったが、午後は確実に周回をこなした。タイムは6番手。

  • トトロッソSTR9をドライブしたダニエル・クビアト。57周を走った。

  • パストール・マルドナドは、26周しか走れなかった。タイムも8番手。

  • レッドブルのダニエル・リカルド。マシンは確実に進歩しているとコメント。

  • セバスチャン・ベッテルはこの日はお休み。

  • ケータハムのマーカス・エリクソンは、スーパーライセンスの取得に必要だった300kmを走破。

  • マルシアのマックス・チルトンは僅かに4周のみの走行で終わった。

  • ウイリアムズのバルテリ・ボッタス。55周を走るがノータイム。

F-1バーレーン・テスト・デイの3日目はメルセデスのルイス・ハミルトンがトップ・タイムをマークして終了した。彼は67周の周回をこなし、1分34秒263のラップ・タイムをマークした。マクラーレンのジェイソン・バトンは12人のドライバー中、2番手。タイムは1分34秒976だった。

多くのチームは、この3日目も信頼性との勝負だった。マルシアのマックス・チルトンは終日で4周しかラップを刻めなかった。ロータスのダニエル・リカルドもトラブル続きだった。チームは26周をするに終わった。レッドブルとフェラーリもテクニカルな問題に多くの時間を必要とした3日目のテストだった。

写真をクリックすると、キャプションが表示されます。

▶ 海外ニュース / F-1バーレーン・テスト2日目
▶ 海外ニュース / F-1バーレーン・テスト1日目

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事