フォルクスワーゲン・ゴルフ・オートルトラック?

公開 : 2012.05.26 14:23  更新 : 2017.06.01 00:55

フォルクスワーゲンは次期ゴルフ/ジェッタのエステート・モデルにクロスオーバー・バージョンを導入する予定だ。

生産にゴーサインが出されるのであれば、それは最近発表されたパサート・オールトラック(写真)のようなモデルとなるだろう。このモデルは、ヨーロッパではゴルフ/オールトラックとして、北米ではジェッタ・オールトラックとして販売されることになる。

その販売次期については、2015年かどうかについて議論の最中だ。

ゴルフ/ジェッタ・オールトラックは、上げられた車高、ユニークなバンパー、ライト・グラフィック、ホイール・アーチ、そして独自のインテリア・トリムを持つ。それらは、オリジナル・モデルよりもゴツゴツとした印象のものだ。

駆動はFWDが標準で、オプションとして4モーションが採用される。

エンジニアリングと生産コストを抑えるために、新しいゴルフ・エステートとゴルフ/オールトラックは基本的に同じパッケージを共有する。もちろん、それは新しいMQBプラットフォームに基づいたものだ。

このモデルの主な市場は北米となる。2014年に発表されることとなる第2世代のティグアンよりも小さいクロスオーバーを市場に投入するのが目的だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事