ポルシェ911GT3のエンジンを交換

公開 : 2014.03.19 21:40  更新 : 2017.06.01 02:13

785台のポルシェ911GT3を、イタリアとスイスで起きた火災を原因に、全てのオーナーに使用を停止していた問題だが、ポルシェはこのすべてのエンジンを交換することとなった。

ポルシェのスポークスマンによれば、その原因は、ピストン・コネクティング・ロッドのゆるいボルトに由来していたということだ。

「われわれのプライオリティはユーザーの安全にある。2つの火災の状況から判断して、その原因がわかった。これを改善したエンジンに交換することに決めた。既存のエンジンを分解して対応部品に変えるよりも、エンジンそのものを交換することにしたのだ。」

もちろん、エンジン交換に伴うコストは莫大だ。しかしポルシェは「ユーザーの安全にために価格をつけることはしない。」と語っている。

関連テーマ