ジャガーF-タイプSクーペ

公開 : 2014.03.20 22:40  更新 : 2017.05.29 18:38

■どんなクルマ?

ジャガーF-タイプSクーペは、V6搭載のF-タイプのトップ・モデルである。その性能はV8エンジンのフェラーリにはほんの少し劣るだけであり、V8搭載のRクーペよりも£25,000(423万円)も安価でありながら、独特のキャラクターと能力を持ったモデルでもある。

そのV6スーパーチャージャー・ユニットは380psのパワーを持ち、8速のZF製のオートマティック・トランスミッションと組み合わせられる。このギアボックスは、オートマティックだが、ステアリング・コラムに付けられたパドル・シフトでマニュアルでの操作も可能だ。また、ギアをより長くホールドすると共に、素早いシフトを可能とするダイナミック・モードを装備する。

コンバーチブルの6ヶ月遅れでデビューしたクーペは、太陽を遮るルーフが付けられたモデル。そのため、ボディ剛性はコンバーチブルに対して向上し、機敏性を向上しステアリング・レスポンスをシャープにするためのサスペンション・セッティングが新たに施されている。

■どんな感じ?

エントリー・モデルのV6クーペとの違いは、同じ3.0ℓスーパーチャージャーのV6ながらエンジンパワーが50psアップし、ブレーキがφ354からφ380になり、19インチ・ホイールを履いていること。また、機械式のリミテッド・スリップ・デフが装着されていることなどだ。エンジン・トルクはわずかに1.0kg-mほどのアップにとどまっている。しかし、その前後の重量配分など、F-タイプの美点はそのままだ。

その50psパワー・アップしたエンジンのレブ・リミットは6500rpmで、そのパワーをフルに使えば、0-100km/h加速はスタンダードなV6よりも0.3秒速い4.8秒に、そしてトップ・スピードは275km/hに達する。

このSクーペは完全なドライバーズ・カーだ。そしてどんなクルマよりもクイックなフィーリングだ。

しかし、最大の魅力を上げるとすれば、そのハンドリングにあるだろう。高いグリップと、素晴らしいステアリング、そしてほぼパーフェクトなスタビリティを持っている。

エントリー・モデルとことなり、Sクーペはアジャスタブル・ダンパーを装着している。これは路面状況に合わせてダンパー・レートを変更できるもの。パンプに対する柔らかさは異なるが、どちらにしても適切なレートだといえる。しかし、ハードなコーナリングではその違いが明らかだった。

■「買い」か?

現時点でのロードカーとして最もクイックなクルマということができよう。V8のRタイプほどの激しさはないが、エントリー・レベルのV6よりも能力は高い。

アストン・マーティンよりも明らかにお買い得なモデルであるし、リア・エンジンのポルシェや、ミッドシップ・スポーツとも異なるドライビングが味わえる。個人的には、ロング・ノーズ・ショート・デッキのF-タイプはお気に入りの1台だ。

(スティーブ・クロプリー)

ジャガーF-タイプSクーペ

価格 £60,235(1,020万円)
最高速度 275km/h
0-100km/h加速 4.9秒
燃費 11.0km/ℓ
CO2排出量 213g/km
乾燥重量 1594kg
エンジン V型6気筒2995ccスーパーチャージャー
最高出力 380ps/6500rpm
最大トルク 46.9kg-m/3500-5000rpm
ギアボックス 8速オートマティック

▶ 海外初試乗 / ジャガーF-タイプRクーペ
▶ 海外初試乗 / ジャガーF-タイプ・クーペ
▶ 海外初試乗 / ジャガーF-タイプRクーペ・プロトタイプ
▶ 海外初試乗 / ジャガーF-タイプRコンバーチブル
▶ 海外初試乗 / ジャガーF-タイプSコンバーチブル
▶ 海外初試乗 / ジャガーF-タイプ・コンバーチブル

関連テーマ

 
最新試乗記