【限定765台】マクラーレン765LTスパイダー 日本価格/スペック/内装を解説

公開 : 2021.07.28 05:45

マクラーレンの「ロングテール」に、新型オープンモデルが登場。クーペとの重量差49kgという軽量設計です。価格、空力、ルーフを解説します。

はじめに 新型ロングテール発表

text:Wataru Shimizudani(清水谷 渉)

2021年7月27日。マクラーレン・オートモーティブは、ニューモデルの「765LTスパイダー」を発表した。

その名が示すとおり、このニューモデルは2020年に発表されて、すべて完売した「765LTクーペ」のスパイダー・バージョンだ。

マクラーレン765LTスパイダー
マクラーレン765LTスパイダー    AUTOCAR

765LTクーペは、マクラーレン伝統の「LT=ロングテール」という称号を授けられたモデルで、ほかのマクラーレン車とは例外なく一線を画す個性があった。

その765LTクーペでは、720Sより全長が57mm長いボディが与えられ、空力性能を徹底追求。LTモデルは伝統的に軽量化も図られ、カーボンファイバー、チタン、ポリカーボネートなどを採用して乾燥重量はわずか1229kgにおさえていた。

パワーユニットは720Sと同じ4.0L V8ツインターボながら最高出力は車名と同じ765ps(720Sより45psアップ)、最大トルクは81.6kg-m(約3kg-mアップ)を発生。最高速度は330km/h、0-100km/h加速は2.8秒というハイパフォーマンスぶりを示した。

そんな765LTクーペから、765LTスパイダーはどのように進化したのか。その概略を紹介していこう。

765LTスパイダー 外観/空力

765LTスパイダーのボディサイズは、全長4600×全幅1930(ミラーを含まず)×全高1193mm、ホイールベースは2670mm。

そのノーズは720Sより48mm長く、アクティブ・リアウイングは9mm延長されて、全長がやはり57mm伸びている。

マクラーレン765LTスパイダー
マクラーレン765LTスパイダー    AUTOCAR

フロントのライドハイトが720Sより5mm低いため、フロントスプリッターは地面に近づいており、フロントバンパーとともに前方に移動。リアのライドハイトは変わらないため、車体の前傾姿勢が強まり、ダウンフォースが増加している。

765LTは720Sより全長は伸びたが、ボディワーク全体の物理的ボリュームは減っており、これによってエンジンベイからの熱の排出が向上し、ホイールアーチ内の気圧が下がった。

リアでは、バンパーがエンジニアリング上のハードポイントの近くまで押し込まれ、リアタイヤが露出。その上にはアクティブ・リアウイングがかぶさり、中央に向かって緩やかに盛り上がっている。

アクティブ・リアウイングは、見た目だけでなく効果も圧倒的だ。720Sより前後に長く、60mm高く、表面積は20%増加。位置が上がったことで、展開していない低速走行中でさえ発生するダウンフォースが増えた。しかし、ドラッグには最小限の影響しかないため、765LTのダウンフォース・ドラッグ比(空力効率)も、720Sから20%向上している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×