ボルボS60L ハイブリッド

公開 : 2014.04.22 22:30  更新 : 2017.06.01 02:13

ボルボは北京モーターショーでS60Lのプラグイン・ハイブリッド・モデルを公開した。このモデルは、2015年から成都工場で生産が予定されている。

S60Lは、全長4715mm、全幅1866mm、全高1481mmと、標準的なS60よりも80mmほど長い。

ボルボ初となるハイブリッド・ユニットは、241ps、35.7kg-mを発揮する2.0ℓ4気筒のガソリン・エンジンとモーターとの組み合わせ。モーターは69ps、20.5kg-mで、その充電に必要な時間は4時間だという。

ドライバーは、EVモード、複合モード、エンジン・モードを選ぶことができる。また、その燃費は50km/ℓで、CO2排出量は50g/kmだとアナウンスされている。

インテリアは、本革のシートにコントラスト・ステッチの入ったシートが与えらえる。

▶北京モーターショー

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像