ポルシェ911GT3は来年3月のジュネーブ・ショーでデビュー

公開 : 2012.06.07 15:03  更新 : 2017.06.01 00:55

ポルシェ911GT3の開発が進められている。この新しいGT3は、来年3月のジュネーブ・モーターショーでデビューする予定で、オーダーの受付はその直後から開始される。

新しいGT3は、997型のGT3 RS4.0に搭載された4.0リッターではなく、3.8リッターのフラット6を搭載する。このエンジンは、旧型よりも15bhp多い450bhpであると情報筋は明かしている。

0-100km/hが4.2秒、最高速度は322km/hというパフォーマンスを発揮する。

組み合わせられるトランスミッションはPDK7速デュアル・クラッチとなることだ。911ば電動パワー・ステアリングになったのと同様、マニュアル・ギアボックスが選択できなくなったことは、純粋なポルシェ・ファンの間では論争になりそうだ。しかもPDKはマニュアルよりも40kgほど重い。しかし、それでも情報筋は、新しいGT3のボディ・ウエイトは1395kgに収まっているという。

ギアボックスは重たくなったものの、軽量化のための材質を多用することによって、重量増を抑えているのだ。

インテリア・トリムも通常の911よりは簡素化され、後部座席も取り払われる。

視覚的にもGT3はそのベースとなったカレラやカレラSとの区別がはっきりとつく。正面ではスプリッターがついたため、より彫りの深くなったフロント・バンパーを持つ。広いエア・ダクトも、よりパワー・アップしたエンジンの冷却のために付けられる。更に、エア・インテークがボンネットとパンバーにも付けられる。

大型化さらたサイド・シルとフレアーが大きくなったホイール・アーチも相違点だ。そのホイール・アーチの中には、センターロックの20インチ・アロイ・ホイールが収められる。

リアでは固定されたウイングが特徴だ。また、リア・バンパーもデザインし直され、エグゾーストはセンター出しとなる。

更にGT3 RSが2015年には登場すると情報筋はコメントしている。GT3 RSには、およそ480bhpのエンジンが与えられるという。

911GT3のデビュー前に、ポルシェは911の4WDバージョンを発表する予定だ。それは9月のパリ・モーターショーで、カレラ4とカレラ4Sがクーペとカブリオレに用意されることとなる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事