ミニ・ワン1.2

公開 : 2014.05.28 23:40  更新 : 2017.05.29 19:14

■どんなクルマ?

第3世代のミニのエントリー・レベルのガソリン・モデルがこのミニ・ワンだ。その心臓は、クーパーに搭載される1.5ℓエンジンのダウンサイジング版である1.2ℓの3気筒ターボを搭載する。このエンジンは、ダイレクト・インジェクションと、アイドリング・ストップ、ダブルVANOS(可変バルブ・タイミング)を備えたもの。クーパーに対して、排気量のダウンサイジングによりパワーは135psから102psにまで落ちているが、その代わりに価格は£15.300(262万円)から£13,750(235万円)へと引き下げられることとなる。

新しいミニ・ワンは、旧いミニ・ワンの1.6ℓナチュラル・アスピレーション・ユニットから、新しいターボ・ユニットへと交換されたが、そのパワー、トルクは98ps、15.6kg-mから102ps、18.4kg-mへと上昇している。

また、そのプラットフォームは、他の第3世代のミニと同様にBMWの新しいFWDプラットフォームが使用される。

■どんな感じ?

最初に目をひくのは、15インチ・ホイールと組み合わせられる175/65サイズの低抵抗タイヤだ。その姿は、スペア・タイヤを4本履かされたようでもある。スタイリストの目から見れば悪夢のような出で立ちだ。

しかし、一旦ドアを開けて乗り込むと、決して安普請なところは見られない。コクピットに使われる素材は、より高価なクーパーやクーパーSで見られるものと遜色はない。また、センター・コンソールに取り付けられたトレードマークともいうべきトグル・スイッチにも不足はない。

われわれのテストに供されたクルマは、若干のオプションを装備していた。それは、クルーズ・コントロールと、スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール、ししてミニ・ドライビング・モードだ。後者は、ドライバーがグリーン、ミッド、スポーツの3モードをチョイスすることができるというもので、それぞれ、スロットル・レスポンス、ステアリングのサポート、そしてエンジン・サウンドが変化する。その違いは確実で、誰もが感じとれるものだ。

グリーン・モードを選ぶと、ステアリング・ホイール・コラムにフィットしたインストルメント・クラスターのスケール・インジケーターが、エコなドライブをした時にはどのぐらいのボーナス・マイルが獲得できたかを示してくれる。

一方、スポーツ・モードを選ぶと、従来の燃費重視のような平凡な3気筒は異なり、エンジンが活き活きとし、スポーティなサウンドも楽しめる。実際の数値は0-100km/h加速が9.9秒とアナウンスされているが、実際の体感はそれよりも速い。また、トルクは非常に低い回転数から広がり始め、広範囲で納得のいく鋭いレスポンスを見せてくれる。

ギアチェンジも楽しい作業のひとつだ。ダウンシフトの際には、自動的に回転を合わせる仕組みもついている。但し、それはドライバーがつま先を少しだけ動かせば、それは必要のないものではあるのだが。5速および6速ギアはハイギアードなセッティングだ。そのため、ハイウェイ・クルージングでは燃費の節約に一役買うこととなる。

やはり気になるのはその痩せこけたタイヤだ。確かに都市部のでのドライビングには大きな影響もないし、高速道路では燃費を稼ぐために有利ではある。しかし、2級国道のワインディングでは、ホールドと精度が確実に不足しているのだ。特にヘビー・コーナリングなどでのターンインでは明らかに問題だ。シャシーが持つ性能の10分の8ほどの力で、グリップが途切れないように走るのが正解といえるかもしれない。ハイヒールを履いたクリスチャン・ロナウドだとまでは言わないまでも、アップグレードされたタイヤをオプションとして装着するのが良い選択だ。例え、標準的なタイヤに変えたとしても、燃費は悪くなるかもしれないが、もともとそれほど柔軟な足まわりではないので快適性は失われないだろう。

■「買い」か?

£1,550(26.5万円)を節約するために、ミニ・クーパーではなくミニ・ワンを選択するのは正しい判断なのだろうか。答えはイエスだ。1.2ℓの3気筒エンジンは、決して失望させることはない。ただし、よりサイズの大きいタイヤのためにはある程度の出費は必要かもしれないが。

もちろん、経済的な余裕があるのであれば、クーパーは正しい選択肢であることは間違いない。

(フランシスコ・モタ)

ミニ・ワン1.2

価格 £13,750(235万円)
最高速度 195km/h
0-100km/h加速 9.9秒
燃費 21.7km/ℓ
CO2排出量 108g/km
乾燥重量 1090kg
エンジン 直列3気筒1198ccターボ
最高出力 102ps/4250rpm
最大トルク 18.4kg-m/1400rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事