新型フォルクスワーゲン・ポロ 先行受注開始 詳細/発売時期は?

公開 : 2022.04.21 05:45

フォルクスワーゲン・ジャパンは、マイナーチェンジした新型「ポロ」の先行受注を開始しました。

ポロがマイチェン

フォルクスワーゲン・ジャパンは、マイナーチェンジしたコンパクトハッチバック新型「ポロ」の先行受注を2022年4月20日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで開始した。

同時に6月22日までの予約者全員に、オプション費用5万円分をサポートする予約注文キャンペーンを展開した。

フォルクスワーゲン・ポロ
フォルクスワーゲン・ポロ    フォルクスワーゲン

なお、新型ポロの発売は年央を予定しているという。

今回導入される新型ポロはフロント、リア回りのデザインを刷新。

インテリアは、9.2インチの大型モニターを搭載した純正インフォテンイメントシステム「ディスカバー・プロ」を採用したほか、デジタルメータークラスターやタッチコントロール式エアコンディショナーパネルを採用し、先進的なインテリア空間を提供。

パワートレインは全車最新世代の 1.0TSIエンジンを採用。市街地で十分な動力性能を発揮するとともに、高い静粛性も実現。

先進安全装備には、同一車線内全車速運転支援システム「トラベル・アシスト」やLEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」などフォルクスワーゲンが提供する最新の装備を採用。

グレードは4グレード展開。

従来のトレンドラインに代わりLEDヘッドライトなどを標準装備する「アクティブベーシック」、コンフォートラインに代わりデジタルメータークラスター「デジタル・コックピット・プロ」などを標準装備する「アクティブ」、ハイラインに代わり同一車線内全車速運転支援システム「トラベルアシスト」やIQ.LIGHTを標準装備する「スタイル」を設定。

また、専用アイテムを身に纏ったスポーティモデルの「Rライン」は引き続き設定される。

ボディカラーは新色のヴァイブランドヴァイオレットメタリックのほかに、キングズレッドメタリック、アスコットグレー、リーフブルーメタリックなど合計7色を用意。

記事に関わった人々

  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲン ポロの人気画像