スズキから最高出力432psのハイブリッド・スポーツカー! バイクエンジン搭載のコンセプト公開

公開 : 2022.05.27 05:45

PS5/PS4向けゲームソフト『グランツーリスモ7』に、スズキのコンセプトカーが実装されました。

ハヤブサのエンジンに電気モーターを組み合わせ

スズキは、家庭用ゲームソフト『グランツーリスモ7』向けに、革新的なハイブリッド・パワートレインを搭載したコンセプト「ビジョン・グランツーリスモ」を導入した。

オープントップの2シーターで、スズキの二輪部門と四輪部門の技術を融合した、ユニークな四輪駆動スーパースポーツカーだという。スポーツバイクのハヤブサに搭載されている最高出力190psの1.3L 4気筒エンジンを搭載している。

スズキ・ビジョン・グランツーリスモ
スズキ・ビジョン・グランツーリスモ

スズキのバイクエンジン搭載車は、2001年のGSX-R/4コンセプト以来だ。

さらに、3基の電気モーターを組み合わせ、総合出力は432ps/9700rpm、最大トルクは62.2kg-mに向上している。エンジンのパワーは後輪に、3基の電気モーターのうち2基のパワーは前輪に供給される。

バーチャル空間で楽しむスーパースポーツ

インテリアでは、操縦桿スタイルのステアリングホイールの両脇にデジタルミラースクリーンが配置され、ドライバーに大きくフォーカスしたコックピットデザインとなっている。

また、「最先端の軽量化技術」を駆使し、970kgという軽量化を実現した。

スズキ・ビジョン・グランツーリスモ
スズキ・ビジョン・グランツーリスモ

スズキは次のように述べている。

「スズキ・ビジョン・グランツーリスモは、ブランドのスポーツマインドに溢れた四輪駆動のスーパースポーツとして、伝説の名車GSX-R/4を最新の技術で蘇らせたVGTです。スズキが贈るピュアスポーツの世界をぜひお楽しみください」

このクルマは現在、『グランツーリスモ7』の5月26日のアップデートにより配信されている。市販車につながるものではないが、将来採用される可能性のあるデザインや技術が示されている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

スズキの人気画像