スバル・エクシーガを改良

2014.07.17

富士重工業は、スバル・エクシーガに改良を施すとともに、特別仕様車、AIRBREAKを設定し、8月22日から発売を開始する。

今回の改良では、ベース仕様の向上とともに、グレードラインアップを見直し、特別仕様車、AIRBREAKや新グレードである2.0GT-S EyeSightを新たに追加した。

AIRBREAKは、2.5i EyeSightをベースとし、パノラミックガラスルーフを標準装備し、サテンメッキ塗装のドア・ミラーやハイラスター塗装のアルミホイール、シャンパン・ゴールド・ステッチをあしらったシートなどを採用したモデル。また、運転席&助手席8ウェイ・パワー・シートやキーレス・アクセス&プッシュ・スタートなどを装備する。

また、新グレードである2.0GT-S EyeSightは、2.5i spec.B EyeSightで採用しているレッド・ステッチ付のアルカンターラ+レザーシートや本革巻ステアリングホイールを採用したモデルだ。

価格は2,592,000円から3,024,000円まで。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事