新型メルセデスAMG C 63 まもなく発表 Cクラスの頂点、4気筒ハイブリッド搭載へ

公開 : 2022.09.21 16:05

2.0L 4気筒ハイブリッドを搭載する新型メルセデスAMG C 63が、9月21日に発表される予定です。電動パワートレインにより、Cクラスは新たな時代へ突入しました。

量産4気筒で最強のパワートレイン

V8エンジンから4気筒ハイブリッドへの画期的な切り替えを行う新型メルセデスAMG C 63が、9月21日に正式発表される予定だ。

Cクラスの頂点に君臨する新型C 63は、今年6月に英国で開幕のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでコンセプトモデルが公開されている。ここでは、アグレッシブなボディキットやスポーツホイール、たくましいクワッドエグゾーストなどを備えていた。

メルセデスAMG C 63のコンセプトモデル
メルセデスAMG C 63のコンセプトモデル    AUTOCAR

最大の特徴として、従来のV8エンジンではなく、先進の4気筒ハイブリッド・パワートレインを搭載。量産4気筒として世界最強と言われる、メルセデスのターボチャージャー付き2.0Lエンジン「M139」の電動化バージョンを採用することになる。

M139は、メルセデスAMG A 45(非電動)で最大出力422ps、最大トルク51kg-mを発生。マイルドハイブリッド・システムの搭載にも対応している。

新型C 63ではM139をチューニングし、単体での出力を477psに高める見通し。さらに、リアアクスル搭載の電気モーターと組み合わせて、合計出力680psに達するという。これは、最も近いライバルであるBMW M3よりも約170ps高い数値だ。

電動ブースターにより、最大トルクは76kg-mと、現行のC 63 S 4マチックより5kg-m向上している。従来のV8より排気量と気筒数が半減しているにもかかわらず、である。

新世代のCクラス AMGも電動化

AUTOCARが入手した情報では、CLS 53 4マチック+などに搭載されるターボチャージャー付き3.0L直列6気筒「M256」と同様の48Vシステムを採用するとされている。

新しいハイブリッド・パワートレイン「EQブースト」は、9速トルクコンバーターMCTスピードシフトとの組み合わせも計画されている。

メルセデスAMG C 63のコンセプトモデル
メルセデスAMG C 63のコンセプトモデル    AUTOCAR

Cクラスの全シリーズは、電動化された4気筒エンジンのみを搭載する。燃費の向上、ひいては排出ガスの低減のために、プラグインハイブリッドおよびマイルドハイブリッド技術が導入される。

電動パワートレインの採用による大きなメリットの1つとして、フロントアクスルの重量軽減が挙げられる。M139の重量は160.5kgで、現行のC 63 4マチックのV8エンジン「M177」よりも48.5kg軽くなっている。ディスク型電気モーターやパワーエレクトロニクスなどのアーキテクチャを加えても、パワートレインの総重量は現行モデルを下回るという。

さらに、パワートレインの重量を低い位置に集中させることで低重心化を図り、理論的にはハンドリングとボディコントロールを向上させることができる。新型C 63 4マチックには、フロントとリアのパワーを完全可変させる新しい四輪駆動システムが導入される見通し。これにより、特定の走行モードにおいては後輪駆動の特性を持たせることができるだろう。

AMGは、四輪駆動に対する顧客からの要望により、次世代モデルではすべてこのシステムを採用すると発表している。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

メルセデスAMG Cクラスの人気画像