ブガッティ「SUVは作らない」 ブランド価値に影響 限定的な超高級車に注力か

公開 : 2022.09.21 18:05

ブガッティのセカンドモデルとして登場が噂されていたSUVについて、当社は否定的な姿勢を示しています。日常的に使えるグランドツアラーのようなモデルは、今のところ棚上げされているようです。

ブガッティSUV計画は見送り

日常的な使用に焦点を当てたブガッティの新モデル計画が、棚上げされたようだ。

このモデルは、ブガッティが昨年リマックと合併する前に、前社長ステファン・ヴィンケルマンによって提案されたものである。SUVまたは4ドアGTとして、同社初の電動モデルになると期待されていた。

もしブガッティがSUVを作るとしたら、こんな姿になっていたかもしれない。(予想レンダリングCG)
もしブガッティがSUVを作るとしたら、こんな姿になっていたかもしれない。(予想レンダリングCG)    AUTOCAR

また、ブガッティの前オーナーであるフォルクスワーゲン・グループ傘下の他ブランドと、コンポーネントを共有することも示唆されていた。

このモデルについて当時のヴィンケルマン社長は、「日常的に使われるクルマ」であり、ハイパーカーのシロンとは「異なるスタイル」であると同時に「異なる使命」を持つと述べていた。さらに、伝統的なW16エンジンではなく、電動パワートレインの搭載をほのめかす発言も見られた。

しかし現在、ブガッティのデザイン・ディレクターであるアヒム・アンスハイトは、そうした動きがブランドの価値を落としかねないという懸念をAUTOCARに明かしている。

「わたし達は常に、2番目のモデルラインをどのようなものにするか、考えてきました」とアンスハイトは語る。しかし、ブランドのロゴを売り払うような行為は踏みとどまったという。

「もし、日常的に使えるセカンドモデルを出すとしたら、会社のルーツを忘れないこと、あるいはより高級なものを作ること、このバランスを大切にします。つまり、(セカンドモデルの)販売ボリュームを少し増やすのであれば、その分、エクスクルーシブなものも作るべきです。そうすれば、コアプロダクトを守り、バランスを取ることができるのです」

閉鎖的で限られた人にしか乗ることができないというエクスクルーシブな要素は、ブガッティが大切にしているものである。先日発表された新型ミストラルは、ハイブリッドパワートレインに移行する前のW16エンジンを搭載する最後のモデルであり、99台のみの限定生産となる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ブガッティの人気画像