ジャガーXFはXEアーキテクチャーを使用

公開 : 2014.08.28 22:20  更新 : 2017.06.01 02:12

第2世代のジャガーXFは、発売されるまでおよそ1年となって、はじめて英国の路上でテスト・モデルを捉えることができた。

このミドル・サイズのサルーンは、XEの登場によってサイズ・アップが予想される。従って、従来モデルよりもより大きなスペースと共に快適性を提供することとなる。また、サルーンの他に、エステート・モデルも製造される計画だ。

XEと同様にJLRの新しいiQアルミニウム・アーキテクチャーが使用される。また、XEに使用されたプラットフォームは、スケーラブルな設計のため、それが用いられる。

パワー・ユニットは、XEに採用された2.0ℓのインゲニウムが使用される可能性は非常に高い。また、F-タイプに用いられたV6ユニットも搭載されることとなるだろう。

サスペンションに関しては、XEでも使用されたアルミニウム製の軽量ダブル・ウィッシュボーンのフロントが採用されるという。

関連ニュース

▶ 海外ニュース / インゲニウム・エンジンの詳細が明らかに
▶ 海外ニュース / ジャガーXEプロトタイプがリリース

関連テーマ