アトランタ・スポーツ・ツアラーが復活

公開 : 2014.08.30 22:30  更新 : 2017.06.01 02:12

復活した英国の自動車メーカー、アトランタ・モータースは、ハンプトン・コート・パレスのコンクール・デレガンスで75年ぶりの新車を発表する。アトランタ・スポーツ・ツアラーとネーミングされたこのモデルは、1937年の3月5日に最初のモデルが公開されたものだ。

第2次世界対戦が始まった1939年に会社は倒産したが、その前に21台だけが生産されたモデルだ。

新生アトランタ・モータースは、スタッフォードシャーに拠点を置くエンスージァスト、マーティン・コーフィールドによって2012年に再建された。この新しいモデルは、現在の安全基準を満たしながらも、1930年代のアトランタ・スポーツ・ツアラーの多くを引き次ぐ。

それぞれのクルマのスペックは、顧客のオーダーによって変更が可能という。ちなみに、鍛造、鋳造パーツを含め、90%がアトランタのオリジナルで構成されるという。また、ボディ・スキンはアルミニウム製となる。

コーフィールドは、「1930年代にそうであったように、アトランタは厳しい要求に応えることのできるもモデルだ。新しいスポーツカーは、安定したハンドリングと、最高レベルの快適な乗り心地、そしてエキサイティングなドライビングを提供する。」と語っている。

シャシー・ナンバー1を持つ記念すべきモデルは、9月5日から7日まで、ハンプトン・コート・パレスのコンクール・デレガンスで展示される。また、この展示には1937年製のオリジナルのアトランタ・スポーツ・ツアラーも同時に並べられる。