フィアット500ツインエアにスポーツおよびスポーツプラスを追加

2012.06.28


フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、2気筒エンジンを搭載した500ツインエアの特別仕様車、500ツインエア・スポーツおよび500ツインエア・スポーツプラスを7月4日より販売する。

これは、2007年7月4日にイタリアで発表された現行モデルの500 が、デビュー5周年を迎えたことを記念しての発売ということだ。

500ツインエア・スポーツ(400 台限定)には、現行の500 / 500C ツインエアと同じAT モード付5 速シーケンシャルトランスミッション、デュアロジックを、500ツインエア・スポーツプラス(250台限定)には、ツインエアエンジンでは日本初導入となるマニュアルトランスミッションが搭載される。

エクステリアは、リアルーフスポイラーやピアノブラックルーフ(500ツインエア・スポーツプラスのみ)、マットブラックのアルミホイールなどを装着。インテリアには濃色系のボディカラーとブラック基調のスポーツシートを採用している。

このほか、500ツインエア・スポーツおよび500ツインエア・スポーツプラスは、これまで所定の契約料が必要だったメンテナンス・プログラム、フィアットイージー ケアが、フィアット車では初めて標準付帯する。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事