エヴァンタ・バルケッタがグッドウッドで登場

公開 : 2014.09.13 22:20  更新 : 2017.06.01 02:12

エヴァンタ・モーター・カンパニーは、今週末に行われるグッドウッド・リバイバルで、新しいバルケッタ・スタイルの2シーター・スポーツを発表する。

レトロ・スタイルのそのデザインは、1950年代の影響を大きく受けたもので、アングロ・イタリアンのスポーツカーを表現しているという。

製造は英国で、搭載されるエンジンは450psの6.2ℓV8。シャシーはチューブラー・フレームで、スタンダード・モデルではケブラー製のボディを纏う。またオプションとしてアルミニウム製ボディも用意される。

ハンドルは右、左両方が用意され、トランスミッションはマニュアル、オートマティックがそれぞれ設定される。

エヴァンタでは、その低い重心と強力なエンジンによって、エヴァンタ・バルケッタは特別なアジリティを持つとコメントしている。

標準ボディで£125,000(2,200万円)、アルミニウム・ボディで£165,000(2,900万円)という価格で、148台の限定生産となる。

なお、エヴァンタは、来年にはGTコンセプト・モデルを発表する予定だ。

 

人気記事