2014 アバルトカップ Round3 in NARITA

2014.09.08

text & photo:Shunichi Uchida (内田俊一) photo:Chizuko Uchida (内田千鶴子)

 
1992年、出来るだけたくさんのアバルトと走りたいという想いからスタートしたこのイベントだが、エントラントがその友人たちに、「気持ちの良いイベントだから出てみれば?」という誘いから、最近は、フィアットやランチア、アルファ・ロメオなどのイタリア他メーカーや、ホンダ・インテグラやS2000の姿も見られるようになった。主催者は、もっとアバルトが増えてほしいが、友人たちが誘ってくれた場合には、他メイクスも歓迎していると話す。

午前中には3回のタイム・アタックがあり、その後はお待ちかねのランチだ。このイベントは、特にランチに重きを置いており、今回も、参加者が持ち寄った食材で、美味しいランチとなった。

  • コースインを待つフィアット・アバルト124ラリーとX1/9。このように1台ずつコースインして計測をする。

  • ドラミは、フィアットやアバルトが得意なショップ、TRUCCOの橋本さん自らが行った。

  • フィアット・アバルト124ラリーが、ウェット・コンディションの中、タイム・アタック中。

  • フィアット・アバルト131ラリーもタイムア・タック。今回は2台がエントリー。豪快な走りを見せた。

  • アバルト・グランデ・プントSSターボを駆るのは前出の橋本さん。さてさて結果はいかがだったのだろう。

  • ランチは美味しい食材を持ち寄り、ワイワイにぎやかに食す。絶対に手を抜かないとは主催者談。

  • 素敵なトロフィー。普通のモノはかさばってしまうからと、最近新たに作ったものだという。

  • 賞品は段ボールひと箱の新鮮な生野菜。前回はスイカだった。

  • クラス・ストラダーレのトップ3が、ペリエファイト。

  • クラス・スペチアーレのトップ3。トップはホンダ・インテグラだった。

  • ホンダ・インテグラTypeR

  • フィアット・アバルト124ラリー

  • フィアットX1/9

  • BMW Z3

  • アバルト・グランデ・プントSSターボ

  • アルファ・ロメオSZ

  • ホンダS2000

  • アルファ・ロメオ75TS

  • アバルト695トリビュート・フェラーリ

  • アルファ・ロメオ156スポーツ・ワゴンGTA

  • ミニ

  • ミニ

  • ジネッタG4

  • アロファ・ロメオ145QV2.0

  • ミニ

  • フィアットX1/9

  • アバルト・グランデ・プントSSターボ

  • アルファ・ロメオ147GTA

  • プジョー106GTi

  • フィアット・アバルト131ラリー

  • アバルト695エディツィオーネ・マセラティ

  • アルファ・ロメオ75TS

  • アルファ・ロメオ75TS

  • アルファ・ロメオ75TS

  • フィアット・ジャンニーニ128NPラリー

  • フィアット・アバルト131ラリー

  • フィアット・チンクエチェント・トロフェオ

  • フィアット・パンダ

  • フィアット・パンダ

  • ランチア・デルタ・インテグラ―レ16V

  • ランチア・デルタ・イテグラーレEvoII

  • ランチア・デルタ・イテグラーレEvoII

  • フォルクスワーゲン・ルポGTi

  • メルセデス・ベンツ190E2.5 16V

  • ミニ

  • ミニ

  • アルファ・ロメオ1300GTJ

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事