BMW 435iクーペ Mスポーツ

公開 : 2013.10.26 19:37  更新 : 2017.05.29 18:00

これまで3シリーズにラインナップされていたクーペモデルが、新たに4シリーズとして新世代へと移行することになった。BMWがこのクーペモデルを「4シリーズ・クーペ」と表記するのは、もちろんその先にはカブリオレの追加設定が計画されているからにほかならない。なぜBMWはクーペ&カブリオレを、3シリーズから独立したシリーズとすることを決断したのか。その秘密を探ろう。

4シリーズ・クーペは、それをひと目見た瞬間からセダン、ツーリング、そしてGTが揃う3シリーズとは異なる、独特なラグジュアリー性で見る者の目を楽しませてくれるモデルだ。今回試乗したモデルは日本仕様では現在の段階でフラッグシップとなる、435iクーペのMスポーツ。4670×1825×1375㎜の全長×全幅×全高は、3シリーズのそれと比較すると、やはりロー&ワイドな傾向は明確。横方向の広がりを強調したデザインのヘッドランプやキドニーグリルも、視覚的に4シリーズ・クーペのエクステリアに安定感を生み出す重要なディテールとなっている。フットワークの力強さを演出するワイドなリヤフェンダーのデザインも、エクステリアでの大きな特徴。フロントフェンダーには、ホイールハウス内のエアフローを最適化するためのエアブリーザーが備わるが、これは機能性と同時に、アイキャッチとしての役割をも果たしている。

インテリアのフィニッシュも実に魅力的だ。基本的な機能は3シリーズのそれと変わらないが、フロントからリヤに向かって、連続した美しい流れを実現したドアトリムや、左右独立式のリヤシートを採用することで、キャビンは3シリーズ以上にラグジュアリーな空間へと生まれ変わっている。リヤシートでの居住性も十分に満足できるレベル。プラス2ではない、フル4シーターに近い快適性が、この4シリーズ・クーペでは実現されているのだ。

435iクーペに搭載されるエンジンは、ツインスクロールターボ仕様の3ℓ直列6気筒DOHC。直列6気筒といえば、BMWにとっては伝統的なシリンダー形式だが、最近では、それはラインナップのメインに位置づけられるものではなくなりつつある。その意味でも435iクーペは、BMWのファンにとって、特別な価値観を持つモデルともいえるに違いない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事