ホンダ N ONE

公開 : 2012.11.26 18:48  更新 : 2017.05.29 19:10

ホンダは2015年までに軽自動車のニューモデルを6車種投入することを公言しており、このN ONEが3車種。土台となるプラットフォームはもちろん、軽最長ホイールベースを誇るセンタータンクのあれだ。共通プラットフォームのN BOX系が“タント対抗”だとすれば、こっちは“ワゴンRキラー”である。

このクルマが昨年の東モに出展されたNコンセプト4の市販型であり、往年のN360をモチーフとしているのはいうまでもない。市販型開発にあたって最もモメたのが、全高と後席位置という。結局のところ、全高はワゴンRよりわずかに低く、後席レッグルームは“フィット+α”に落ち着かせて、そのぶん荷室長に充てている。これらを最終的に決めた要因はスタイリングという。全高1610mmは“現代のN360”の雰囲気を壊さないギリギリ最大限の高さであり、後席は先に決まったリヤゲート傾斜角度に合わせた。

そのプロセスはともかく、N ONEのシートレイアウトは結果的に、実利のバランスがちょうどいいところに落ち着いている。180cm級の男性でも不足ない後席レッグルームを確保しつつ、荷室にはひと目で“使えそう”と思えるフロア前後長がある。Nシリーズの後席は座面チップアップ機構が備わるかわりにスライドしないのだ。また、今回はダウンサイジング層にもハッキリと照準を定めていることもあり、内外の質感やアクセサリー部品(ミニ商法にならったボディやグリルのデカール類も多い)の充実度はちょっとしたものだ。

今回は市街地の短時間試乗にかぎられたために、乗り味を詳細には語れないが、想像どおりによくできた感触。N BOXより約100kg軽いのでNAでも活発。上級の“プレミアム”シリーズは、これまでのカスタムとはちょっと異なり、遮音対策もノーマルより徹底する。ただ、走りや広さはトップランクのN ONEも、標準モデルの静粛性だけはちょっと気になったのが正直なところ。ファーストカーとして乗るなら、自然吸気でもプレミアムをフンパツしたほうが、フロントスタビも追加されて室内も静かで、幸せ度は高そうである。

(文・佐野弘宗 写真・神村聖)

ホンダN ONE

価格 115.0万円
最高速度 na
0→100km/h加速 na
燃費(JC08モード) 27.0km/ℓ
CO₂排出量 86.0g/km
車両重量 840kg
エンジン形式 直3DOHC、658cc
エンジン配置 フロント横置き
駆動方式 前輪駆動
最高出力 58ps/7300rpm
最大トルク 6.6kg-m/3500rpm
馬力荷重比 69.0ps/t
比出力 88.1ps/ℓ
圧縮比 11.2
変速機 CVT
全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1610mm
ホイールベース 2520mm
燃料タンク容量 35ℓ
指定燃料 無鉛レギュラー
荷室容量 157ℓ
サスペンション (前)ストラット
(後)トーションビーム
ブレーキ (前)ディスク
(後)ドラム
タイヤサイズ 155/65R14

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事