ランドローバー・レンジローバー・スポーツ・オートバイオグラフィー・スポーツ

公開 : 2012.11.26 18:40  更新 : 2017.05.29 19:18

2013年モデルへと進化したレンジローバースポーツ。そのラインナップは、5ℓのV型8気筒NAエンジンを375psの最高出力で搭載する“5.0 V8”をベースに、510psという圧倒的な動力性能を誇る同スーパーチャージドエンジンを採用した、“5.0 V8 スーパーチャージド”と“オートバイオグラフィー・スポーツ”の合計3モデル体制だ。今回は、日本市場では1172万円のプライスを掲げるフラッグシップグレード、“オートバイオグラフィー・スポーツ”のステアリングを握ってみた。

全モデルで5タイプの外装色が新設定されたほか、内装色にも2タイプを追加。さらに新デザインのオプションホイールの選択を可能としたほか、スーパーチャージドモデルでは、レッド・ブレーキキャリパーを標準装備としたレンジローバースポーツの2013年モデル。オートバイオグラフィー・スポーツのキャビンは、SUVの常識を超え、まさにハイエンドサルーンのそれと評することにさえ抵抗を感じない、ゴージャスでラグジュアリーな空間へと演出されていた。

その走りは、やはりスポーツというサブネームから抱く期待を裏切らない。フレームにモノコックボディをラバーマウントを介して接合するという、インテグレーテッド・ボディフレーム構造が生み出す剛性感は、さまざまな好印象の中でも特筆すべきもの。レンジローバーヴォーグと比較して(もちろんそれには、現在では前世代のという注釈が必要になるが)135㎜も短いホイールベース、そして前後にダブルウイッシュボーン+クロスリンク電子制御エアサスペンションという構成のサスペンションもまた、このモデルのキャラクターをスポーティな方向へと導くための重要な要素だ。ワインディングでも、このフットワークが生み出すスタビリティには絶対的な信頼感が持てる。だからこそドライバーは、510psというパワーを躊躇なく引き出したダイナミックな走りを楽しむことができるのだ。オフロードでの卓越した走破性は、改めてそれを報告するまでもないところ。この1台を手に入れることで、世界中の道は、確実に自分のものとなるだろう。

(文・山崎元裕 写真・田中秀宣)

ランドローバー・レンジローバー・スポーツ・オートバイオグラフィー・スポーツ

価格 1172万円
0→100km/h加速 6.2秒
最高速度 225km/h
燃費(JC08モード) 5.6km/ℓ
CO₂排出量 348g/km
車両重量 2580kg
エンジン形式 V8スーパーチャージャー, 4999cc
エンジン配置 フロント縦置
駆動方式 4輪駆動
最高出力 510ps/6000-6500rpm
最大最大トルク 63.8kg-m/2500-5500rpm
馬力荷重比 198ps/t
比出力 102ps/ℓ
圧縮比 9.5:1
変速機 6段A/T
全長 4795mm
全幅 1930mm
全高 1810mm
ホイールベース 2745mm
燃料タンク容量 88ℓ
荷室容量 958-2013ℓ
サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
(後)ダブルウイッシュボーン
ブレーキ (前)φ380mm Vディスク
(後)φ365mm Vディスク
タイヤサイズ 275/40R20
 
最新試乗記

人気記事