BMW523d ブルーパフォーマンス Mスポーツ

公開 : 2013.11.23 18:23  更新 : 2017.05.29 18:00

523は“アイ”もヨカッタ。2.0ℓ4気筒ガソリン+ターボのエンジンは、フィーリングもパフォーマンスもかなりディーゼルみたいだった(「そういう意味ではワーゲンのTSIよりもっとススんでるよね。ガソリンエンジン最先端」といった人も)。あと燃費も(首都高と常磐道がほとんどのコースで平均速度70km/hぐらいでリッター18km超)。乗って驚いた。

で、このたび。そのホンモノというか本命というかが導入された。NOx吸蔵触媒採用でEURO6排ガス規制に対応して、晴れて日本仕様を仕立てることもできたディーゼルエンジン搭載モデル。ポスト新長期規制への対応は制御ソフトウェアの変更のみで可能だったという。ま、そうでしょう。

でもディーゼルは高いから……と思ったら、車両本体価格はセダンもワゴンも523i比「わずか23万円のアップ」。燃料はハイオク、つまり高いほうのガソリンではなく軽油だし100%免税とかもあるので、「差額ぶんはおそらく2万〜3万kmでモトがとれちゃう」(広報部の人談)。ちなみに、ディーゼル導入後のX5はなんと「8割がディーゼル」だそうで。売れてるのは。はぁ〜。

日本仕様でいちばん安い5シリーズよりも「わずか23万円のアップ」で済んだ理由の一部。X5のと違って、今回の5シリーズ用のオイルバーナーは4気筒だから。2.0ℓ。可変ジオメトリーの“ツインパワーターボ”は、パワーターボ(笑)がツイン、ではなく要するにツインスクロールのターボ(シングルですね)。タービン駆動のエネルギー源=排ガスがよりスムーズに、干渉なしにズドーンとタービンに当たるように。

で、今回の車体は5シリーズ。エンジンと車重(1760kgは523iセダンの10kg増し)の関係的にもナイスまたはバッチリの組合せではないかと想像をたくましくしながら乗ったところ、簡単にいうと「やはり!!」。

速い!! チカラあるわぁ!! できたらハイウェイや街なかをふくめて長い距離を走ってみたかったけれど、時間と撮影の都合により上り勾配の狭くてクネったクネクネ道(要は長尾峠です)をゴキゲンで。と、後ろから声が。「エンジン回転、3000もいってないですよこれ!!」(ハナムラさん)。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事