シボレー・クルーズSW 1.7VCDi LTZ NAV

公開 : 2012.07.12 16:45  更新 : 2017.05.29 18:36

■どんなクルマ?

シボレー・クルーズは、既存のサルーンとハッチバックに加えステーション・ワゴン(SW)の登場で英国におけるCセグメントのラインナップを完成させた。クルーズSWは、フォード・フォーカス・エステートとヴォグゾール・アストラ・スポーツ・ツアラーが存在するホットなマーケットに投入されるクルマだ。ちなみに、このCセグメントのうち12%をエステート・モデルが支配している。

3つのトリム・レベルと3つのエンジン、合計5モデルのクルーズSWが、今年の秋から英国のショールームで販売されることになる。

エントリー・レベルの15,375ポンド(190万円)のLSは、1.6リッターのガソリン・エンジンが搭載される。エアコン、可変ヘッドランプ、ヒーテド&アジャスタブル・ミラー、フロント・パワー・ウインドー、ルーフ・レール、リアおよびトランクのパワー・ソケット、荷物固定フック、リモート・セントラル・ドア・ロック、電動リア・ハッチ、ESC、そしてトラクション・コントロールが標準装備だ。

ミッド・レベルとなるLTは、これにクルーズ・コントール、リア・パワー・ウインドー、リア・パーキング・センサー、フロント・フォグランプ、16インチ・アロイ・ホイール、レザー・ステアリング&シフト・ノブが加えられる。1.6リッターが16,475ポンド(203万円)、1.8リッターのオートマティック・モデルが18,075ポンド(222万円)、そして1.7リッターのディーゼル・モデルが18,925ポンド(233万円)だ。1.7リッター・ディーゼルは、119g/kmのCO2排出量を持つ。

更に、最高級のLTZ NAVは、衛星ナビ、ブルートゥース、17インチ・アロイ・ホイール、オート・エアコン、レア・パーキング・センター&リア・ビュー・カメラ、そして7インチ・カラー・ディスプレイが装備される。LTZ NAVは1.7リッター・ディーゼルと6速マニュアル・ギアボックスの組み合わせだ。

この他にも2つのエンジンが存在する。1.4リッターのターボと、2.0リッターのターボ・ディーゼルだが、このエンジンを搭載したモデルは、英国には導入されない。

■どんな感じ?

確かにクルーズのデザインの中では、このSWが一番良いルックスを持っている。トランク・スペースは通常500リッター、リア・シートを折り畳むと1478リッターの荷室容量となる。これは、フォーカスの1502リッター、アストラの1550リッターと大差なく、クラス標準のサイズといえよう。リア・シートは60:40の分割可倒式で、その後ろに高い荷室が備わるといったもの。また、トランクのリア・シートバックの後ろに、ホイールハウス両側とメイン・ロード・ベイに3つのストレージ・トレイを備え、ラゲッジ・コンパートメント・カバーも装備する。

テストした1.7リッター・ディーゼルのLTZ NAVは、6速のマニュアル・ギアボックスを持つ。そのパフォーマンスは平均的だ。したがって、顧客がこのモデルをプライオリー・リストの最上位に置くことはないだろう。

クルーズSWのラインナップで唯一のディーゼル・エンジンは、街中の走行から高速クルージングまで、すべてに対応する十分なトルクを持ったエンジンだ。ハッチバックよりも45kg重いクルーズSWであっても、0-100km/hは10.4秒というタイムを稼ぎだす。

乗り心地は極めてソフトだが、家族と荷物を積まない場合は、中速でのコーナリング時のロールは大きい。また、ステアリングは軽いのだが、明確さとフィードバックに欠ける。

われわれがシボレーに期待した装備類は豪華だ。荷物が一杯積まれた時はリア・ビュー・カメラは疑う余地もなく便利だ。キャビンは、安く硬質なプラスティックが使用されているが、日常の使用で不満のでるものではない。

■「買い」か?

ライバルと較べると、その装備の充実感の割に安い価格がシボレー・クルーズSWのセールス・ポイントとなろう。

(マット・バート)

シボレー・クルーズSW 1.7VCDi LTZ NAV

価格 19,785ポンド(244万円)
最高速度 200km/h
0-100km/h加速 10.4秒
燃費 22.3km/l
Co2排出量 119g/km
乾燥重量 1475kg
エンジン 4気筒1686cc
最高出力 128bhp/4000rpm
最大トルク 30.6kg-m/2000rpm-2500rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×