特別企画

2016.12.15

マクラーレン570GT ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

マクラーレンのラインナップの中ではエントリー・モデルとも言えるスポーツ・シリーズに突如として加わった570GT。リアに実用性の高いブート・スペースにつながるハッチを持ったこのクルマは、マクラーレンの中で唯一、スポーツカーよりもツーリングカーに近い存在だ。AUTOCARの英国編集部は、570Sにしても、この570GTにしても満点の5つ星を与えている。それほどまでに “出来の良い” クルマなのだ。

570GTと570Sとはリアのボディ・ワーク以外のメカニカル・コンポーネンツ、エンジンやギアボックスは同じだが、サスペンションはフロントが15%、リアが10%ほどソフトに振られている。これは37kgほど増えた重量と、そのキャラクターの違いによるものだ。

確かに570Sと較べるとほんの少しだけシャープさに欠け、運動神経も落ちているが、その反面、コーナーではコントローラブルになり、バンプの吸収も良くなっている。

従って、このスポーツ・シリーズを普段ハイウェイでのドライブに使うような大多数のユーザーにとっては、570GTの方が魅力的に映るはずだ。普段使いのマクラーレンとしては、そのラインナップの中でも最も上位にある1台といえよう。

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

より速いモデルを望むのであれば、675LTに代表されるスーパー・シリーズがマクラーレンには用意されている。更には、既にSOLD OUTになってしまったものの、その上にはP1が控えている。そういったスポーツカーとしてのマクラーレンではなく、例えばスタンダードなポルシェ911のように、ウィークデイでもビジネスの足として使え、週末はワインディングで愉しむ。そういう使い方が想定できる実用的且つ魅力的なツーリングカーに仕上がっている。


▶ 海外初試乗 / マクラーレン570GT

マクラーレン570GT

●価格:27,527,000円 ●最高速度:328km/h ●0-97km/h加速:3.3秒 ●燃費:10.7km/ℓ ●ボディ・サイズ:4530×2095×1201mm ●車両重量:1495kg ●エンジン:V型8気筒3799ccツインターボ・ガソリン ●最高出力:570ps/7500rpm ●最大トルク:61.2kg-m/5000-6500rpm ●ギアボックス:7速デュアル・クラッチ ●タイヤ:235/35R19 + 285/35R20

マクラーレン http://jp.cars.mclaren.com/sports-series/570gt

 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧