スペシャルショップ・ナビ

シトロエンC4ピカソ バッテリーマークが点灯/原因はタービンクーラントポンプショート

RS UNOの星野です。

シトロエンC4ピカソにお乗りのN様から「走行中に急にメーター内にバッテリーマークが
点灯したので見て欲しい。」とご連絡。

オルタネーター(発電機)を疑いましたが、エアコンも冷えずコンプレッサーのクラッチが
接続しません。
クーリングファンも回りません。

フューズBOXを確認するとフューズが1つ切れていましたので、入れ替えてE/G始動
するもまた切れました。

早速診断機に掛けてみると、P0691/P0693/P0494/P2603と不良コード
が入っていました。

原因はタービンクーラントポンプの短絡のようです。

この部品は、E/G停止後に高温になったタービンを一定時間水で冷やすモーターなんです。

昔はターボ車にはターボタイマーなんて物を取り付けましたが、目的は同じです。

今のクルマは一つのパーツが壊れると、関係するそれ以外のパーツも作動しなくなる事が良くあります。

電子化は良い面が多数ありますが、修理泣かせです。

部品を交換後、全ての機能が回復しました。

 

 

RS-UNO(有限会社アールエスウーノ)

埼玉県春日部市豊野町1-22-14
TEL:048-738-8912 FAX:048-738-8917
営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
http://rsuno.com/

新着ニュース

ニュース一覧