[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

スペシャルショップ・ナビ

アルピーヌA110  クーラントにエンジンオイルが混じる/ヘッドボルト締め直し

ジェイ・エンジンの永瀬です。

アルピーヌA110

クーラントにエンジンオイルが混じるといった症状で入庫していただきました。

サブタンク内を見てみると確かに油が浮いてます。

そこでご提案した整備メニューはヘッドボルトの増し締めです。

この位の年式のルノーエンジンには整備マニュアルにもヘッドガスケット交換後1000KMで点検&再度締めることになっていますが、このエンジンはオーバーホール後結構経っているのに何もしてないとのことでした。

15度くらい緩めてから再度トルクレンチにて締め付けますと、30度くらい締まりましたので、増し締め効果に期待が持てますね。

増し締めしたら必ずバルブクリアランスを調整しないとエンジン不調になったり、タペット音が大きくなってしまいます。まずは測定してみますとかなり開いていました。

シックネスゲージにて調整してカバーを取り付けますが、そのカバーに配線が噛みこんでたんで、パッキンを一度外して旧車の必需品、液体パッキンのブルーハイロマーを添付後組み付けしていきます。

その他にブローバイホースがエキマニの熱で焦げて穴が開いていましたので、交換してアルミL字パイプを利用してエキマニからなるべく遠くに配管しなおしました。

もちろん耐熱布もまいておきます。

穴が開いたブローバイホースのすぐ近くにラジエターサブタンクのドレンホースがあって、そこから逆流の可能性も重ねてありましたので、レイアウトを変えて設置しました。

他にもエンジンオイルとオイルエレメントの交換をしていきますが、オイルエレメントのネジ径が違うものが付いてました。’85以前はねじ山が違います。正規のエレメントをつけて固めのオイルに入れ替えしました。

とりあえずこれで様子を見ていただいて経過観察中となります。

J.ENGINE(ジェイ・エンジン)

埼玉県川口市東領家4-19-8
TEL:048-225-5040 FAX:048-225-5049
営業時間:10:00〜18:00 定休日:火曜日(月曜が祭日の場合、月曜に休んで火曜に営業)
http://www.j-engine.jp E-mail:[email protected]

新着ニュース

ニュース一覧