ルノー・日産アライアンス、韓国へ126億円を投資

2012.07.20

ルノー日産アライアンスは、韓国へ1億6,000万ドル(126億円)の投資を行うと発表した。この取り組みは、日産ローグの次期型モデルの需要見通しに対応すると同時に、ルノー三星自動車(RSM)の成長を加速させるために実施されるものという。

韓国の釜山工場でのローグの生産は、2014年より年間8万台の規模で開始される予定。なお、同工場は、韓国国内および海外60カ国向けに、今年18万台の生産を目指している。

ルノー三星自動車は今年、RSM 2012 リバイバルプランを発表した。この計画では、現在4車種のルノー三星の商品ラインアップを拡充すると共に、釜山工場で業界トップの効率性とコスト競争力を実現することを目指しているものだ。

ルノー・日産のCEOであるカルロス ゴーンは、「韓国での生産能力の増強は、ルノー三星がコスト競争力と成長に対する目標を達成するため、アライアンス全体でサポートをしていくというコミットメントを明確に示したものです。今回の釜山での発表は、ルノー、日産、ルノー三星にとってユニークな『win-win-win』の関係を表したものであり、全てのパートナーにとってのアライアンスの柔軟性と、その力を証明するものです。私はルノー三星の従業員ひとりひとりが、今回のプロジェクトを成功裏に完了させるため、取り組んでいくものと期待しています」とコメントしている。

なお、ルノー・日産アライアンスは現在、ルノー、ニッサン、インフィニティダチア、ルノー三星のブランドを有している。韓国における市場シェアについては、2011年の7%であったが、将来的には10%に高めることを目指している。そのルノー三星は、RSMリバイバルプランの一環として、2013年に新しい小型クロスオーバーおよびゼロ・エミッションのSM3 ZEを発売する予定だ。現在の商品ラインアップは、コンパクトカーのSM3、中型セダンのSM5、大型セダンのSM7、SUVのQM5となっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

ルノーの人気画像

×