ロールス・ロイス・レイスのオープン・モデルは2016年デビュー

公開 : 2015.03.19 22:40  更新 : 2017.06.01 02:10

ロールス・ロイスレイス・クーペをベースとしたオープン・トップ・モデルが、2016年のデビューを前にウェザー・テストの最中だ。最初にこのモデルが見られたのは昨年のことで、ドイツのBMW本部の近くで目撃されているが、その開発が順調に進んでいることを表している。

このオープン・トップのベイビー・ロールスは、レイス・クーペと同じホイールベースを持つもので、まだカモフラージュは思い者の、フロント・エンドのデザインや、穏やかに傾斜したリア・デッキなどのスタイリングは確認できる。

現時点ではハードトップ・カバーをしているが、実際にプロダクション・モデルとなる場合は、ソフト・トップをまとうことになる。

エンジンは633psの6.6ℓツインターボのV12で、そのメカニカル・コンポーネンツはレイス・クーペと同じものとなろう。ロールス・ロイスでは、このモデルが、ラインナップ中最もダイナミックなモデルになると話している。

そのネーミングは、ファントム・ファミリーのネーミング・ルールに従えば、レイス・ドロップ・ヘッド・クーペとなるが、コーニッシュの名前が復活することも考えられている。

価格は£250,000(4,500万円)前後となる予定で、ラウンチは2016年の中頃の予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×