2016年デビューのメルセデス・ベンツSLCをキャッチ

公開 : 2015.04.11 22:40  更新 : 2017.06.01 02:10

メルセデス・ベンツの2シーター・ロードスターであるSLCは、2016年のデトロイト・モーターショーでのデビューを前にテストを繰り返している。SLCは、基本的に現行のSLKのフェイスリストしたモデルではあるが、AMG GTを思い起こさせるフロント・グリルとヘッドランプが与えられている。また、このスパイ・ショットからは、テール・ランプ、テール・パイプ、そしてリア・バンパーなどが再設計されていることもわかる。

まだ公式なコメントは一切発表していないが、ノーマル・アスピレーションの3.5ℓV6を搭載するSLK350は、ツインターボの3.5ℓV6のSLC400に代わる予定だ。このSLC400のターボ・ユニットは、SLK350よりも26psアップの333psに、トルクも11.3kg-mアップした48.9kg-mとなる。また、ギアボックスはSLK350の7速オートマティックから9速オートマティックになる。

ラインナップのトップに立つSLK55 AMGは、SLC63 AMGとなる予定。現行の5.5ℓV8ノーマル・アスピレーション・ユニットに代えて4.0ℓV8ツインターボが搭載される予定で、そのパワー、トルクはSLK55の420ps、54.7gk-mから509ps、71.3kg-mにまで引き上げられる。こちらのギアボックスは7速オートマティックのままだが、C63でもそうであったように、ソフトウェアの大幅なアップデートがされる予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事