プジョー308GTiがグッドウッドでデビュー

公開 : 2015.06.02 22:50  更新 : 2017.06.01 02:09

プジョーは308のGTiバージョンの生産にゴーサインを出した。フォード・フォーカスSTやフォルクスワーゲン・ゴルフGTIのライバルになるこのモデルは、今月末のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでワールド・プレミアを果たす予定だ。

その詳細はまだ明らかにされていないが、情報筋によればそのトップ・スピードは241km/hであるという。エンジンは、RCZ Rスポーツ・クーペ用の270psの1.6ℓ4気筒ターボが搭載される模様。これでプジョーのホット・ハッチは、208GTiに加えて、308GTiがラインナップされることになる。

308GTiと308GTの関係性は、205psのRCZ GTクーペとRCZ Rの関係性に似たものであり、308GTやRCZ GTクーペの上に、308GTiやRCZ Rがポジショニングするというもの。

ショールームに並ぶのは今年の後半からとなる予定で、価格は£25,000(474万円)からと予想される。

LEDヘッドランプ、スポーツ・シート、スポイラーなどが標準で装備されるほか、フロントのマクファーソン・ストラットと、リアのトーション・ビームも専用のセットアップがされる予定。

グッドウッドではプロダクション・モデルとなる308GTiのほか、4月の上海モーターショーでデビューした500psの4WDモデル、308Rハイブリッド・コンセプトも展示される予定だ。また、2008DKR ダカール・ラリー・モデルと、308WRX 世界ラリークロス・チャンピオンシップに出場するモデルも、このグッドウッドで一般に公開される。


▶ 海外初試乗 / プジョー308GT 1.6 THP 205 5ドア
▶ 海外初試乗 / プジョー308GT 1.6 THP
▶ 海外ニュース / プジョー308GTIは270ps

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
×