フォルクスワーゲン・ゴルフ・ブルーモーションTSI

公開 : 2015.06.03 23:30  更新 : 2017.05.29 18:57

初めて3気筒999ccガソリン・ユニットを搭載したゴルフは、その脚光とは裏腹に、密かに同門のディーゼル・ユニットの存在を危ういものにしている。

■どんなクルマ?

フォルクスワーゲンが推し進める ‘ブルーモーション’ ブランディングの一環として、小排気量ガソリン・エンジンを搭載するモデルが登場した。

心臓部となるのは999ccのあたらしい3気筒ターボ・ユニット。すでに高い評価を得ているUp!と共通のエンジンだ。

言うまでもなく99g/kmという極めて少ないCO2排出量と23.3km/ℓという秀でた燃料消費率がこのモデルのヘッドライン。

これほどの好成績を記録する同ユニットは、エンジニアリングの逸品とも言える。そんな小排気量エンジンから20.3kg-mものトルクが発生することもまたフォルクスワーゲンの誇りである。

この3気筒ユニットはEA211型ファミリーの一員であり、アルミ合金をベースにしたダイキャスト・クランクケースが基本となっている。

エグゾースト・マニフォールドはシリンダー・ヘッドに組み込まれており、これにエンジンのメイン冷却システムからフィードされる冷却ジャケットが繋がっている。

アドバンテージは2つ。ひとつは排気ガスがクーラントのオペレーティング温度を調整する手助けをする点。燃費を最大限引き上げられるのだ。

もうひとつは高速域ではクーラントが排気ガスの温度を下げることができるという点。ターボチャージャーに送られる前としては、とかく有益なことなのである。

ゴルフが用いたこれらのセットアップは、これまでからは考えられないほどのスペース効率の向上に寄与している。また経路が短くなったため吸入空気がターボチャージャーに渡るまでにかかる冷却タイムも短縮された。

インジェクターは5穴。ガソリン・エンジンとしては250barという高圧力でガソリンを噴射する。バルブ・トレインを動かすためにトゥースド・ベルトを用いるのも特徴だ。これにより、チェーン駆動よりも30%のフリクション低減に繋がっているという。

 
最新試乗記