アウディ、新型アウディA6を発売

2015.07.30

アウディ ジャパンは、新型アウディA6およびA6アバント、アウディA6オールロード・クワトロ、アウディS6およびS6アバント、アウディRS6アバント(写真下)を発売した。

今回発売された新型は、エクステリアを中心にデザインをリフレッシュしたほか、マトリクスLEDヘッドライトや予防安全のためのアシスタンス・システムなどを投入している。また、エンジンについても刷新もしくは改良をしており、RS6アバントを除く全モデルで最高出力向上と燃費効率を改善し、従来型との比較でパワーは最大48psアップするとともに燃費効率を最大17%改善した。ボディはセダンとアバントの2タイプ、モデルラインナップは合計10モデルを提供する。

エクステリア・デザインでは、シングルフレーム・グリル、ヘッドライト、テールライト、バンパー、サイドシルなどが変更されているほか、内外装のカラーに新色を設定。

マトリクスLEDヘッドライトは、カメラによって前方を走る車両や対向車を検知して、ハイビームの部分的マスキングを自動かつ継続的に行う。これにより高速道路などをハイビームにしたまま走り続けることができるため、夜間ドライブでの視認性が大幅に向上する。また、予防安全のためのアシスタンス・システムについては、アウディ・プレセンス(追突などを防止するためのシステム)に加えて、車線維持を助けるアウディ サイドアシスト、車線変更時の危険を減らすアウディ・アクティブ・レーン・アシストなどを導入した。

A6 1.8 TFSIを除く各モデルに採用される最新世代クワトロ・フルタイム四輪駆動システムは、通常時には前40:後60 とトルクを非対称に配分。路面状況によってその配分を前70:後30 〜前15:後85 の範囲内で制御することで、トラクションと回頭性を両立する。

エンジンは、1.8TFSIが190ps / 320Nmを発生する1.8ℓ直4ターボ、2.0TFSIが252ps / 370Nmを発生する2.0ℓ直4ターボ、3.0TFSIが333ps / 440Nmを発生する3.0ℓV6スーパーチャージャー、S6と同アバントは450ps / 550Nmを発生する4.0ℓV8バイターボ。いずれも7速Sトロニックを組み合わせる。なお、RS6アバントは560ps / 700Nmを発生する4.0ℓV8バイターボに8速ティプトロニックという組み合わせ。

価格はA6が6,280,000円から 8,880,000円、A6アバントは6,660,000円から9,260,000円。A6オールロード・クワトロが9,590,000円。S6は13,080,000円から13,460,000円。RS6アバントは17,290,000円。

 
最新国内ニュース

人気記事