光岡、伝統工芸とコラボしたビュート・トヤマを発表

2015.08.21

光岡は、富山県の伝統工芸品 ‘井波彫刻’ とコラボレーションし、インテリアに井波彫刻を施したビュート・トヤマを、8月22日(土)、23日(日)に開催される第41回井波彫刻まつりで発表/展示する。

ビュート・トヤマは、地元富山の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいという思いから富山の伝統工芸
品である井波彫刻や越中和紙と共演することにより誕生した。

光岡は “遊び心にあふれ、自由で、心から魅せられる車を作りたい” という思いのもと、最初から最後まで手作業を貫き、単なる工業製品ではない作品を作っている。

今後は富山のみならず北陸、そして日本の魅力を世界中に発信し、皆が元気になれるような ’地域の産業が持つ魅力を再発見出来るコラボレーションカー’ を企画していきたいと考えているとのことだ。

ビュート・トヤマは主力コンパクトセダン、ビュートのインテリアに富山県の伝統工芸品をあしらった究極の ‘Made in TOYAMA’となるコンセプト・カーだ。

オプション装着されたクラシック・インパネのウッド・タイプ・パネル部分には、富山湾越しに見る3000m 級の立山連峰の雄大な景色で有名な雨晴海岸の絶景などを、井波彫刻の ‘欄間(らんま)’ の技法で制作した木製パネルを装着する。

同じく富山の伝統工芸品である ‘越中和紙’ を使用した木製の一輪の花やパーセルボードが華を添え、富山県の魅力を全国に向けて発信する。

 
最新国内ニュース

人気記事