アウディA5クーペ、最新スクープショット

公開 : 2015.10.30 22:30  更新 : 2017.06.01 01:42

A4、TT、Q7らと同じデジタル・インストルメントを持つアウディA5クーペが、ニュルブルクリンク周辺でテストを行っている最新のスクープショットを捉えた。

またかなり重いカモフラージュが行なわれているが、A5がA4からのデザイン・キューを引き継いだ新しいデザインであることがわかる。アグレッシブなフロント・グリルとバンパー、幅広いヘッドランプ、そしてスポーティなエア・インテークがフロント・ビューの特徴。また、リアには幅広く低い統合されたリア・スポイラーが取り付けられる。

A5と共にS5もテストが行われているが、こちらはA5のツイン・エグゾーストに対して、クワッド・エグゾーストが特徴だ。

インテリアは今回はじめて撮影に成功したが、それによればA4と非常によく似たデザインが採用されている。

B9というコードネームで開発中のA5クーペは、フォルクスワーゲン・グループの最新のMLBプラットフォームをベースにする。このプラットフォームはQ7やA4にも使用されているものだ。軽く剛性が高いのが特徴で、現行のA5よりも100kg程度軽くなる予定。

エンジンは、基本的にA4からの流用で、190psの2.0ℓ4気筒ターボや、プラグイン・ハイブリッド、1.6ℓおよび2.0ℓの4気筒ターボ・ディーゼルなどがラインナップとなろう。

また、S5には3.0ℓのターボV6が搭載される模様で、現行のS5の333psよりもパワーアップが図られている。

A5およびS5は、2017年の発売が予定されている