メルセデス-AMG C63 Sクーペ

公開 : 2015.11.11 23:55  更新 : 2017.05.23 16:35

初めて試すメルセデスの新型フルファット・モデルであるC63 Sクーペ。洒落たボディに潜む510psのエンジンは0-100km/hを3.9秒でこなす。

■どんなクルマ?

メルセデス AMGはC63クーペをもって、BMW M4やアウディRS5、レクサスRC Fに挑戦状を叩きつけることとなった。

C63サルーンとエステートにつづくかたちでデビューことと相成ったこのクルマは、他と同様4.0ℓ V8ツインターボを搭載する。

パフォーマンス・フラッグシップたるメルセデス AMG GTと基本的には同じユニットである。

9月、フランクフルト・モーターショーでヴェールを脱いだクーペの英国内での販売は2016年3月を予定。モデル展開は2種となることが決定済みだ。

スタンダードなC63クーペは、ハンド・ビルドされた476psと66.2kg-mのエンジンを載せる。

テスト車であるC63 Sクーペは510psと71.3kg-mをそれぞれ5500rpmと1750〜4500rpmで発揮する。最高出力こそAMG GTとまったくの同値であるが、最大トルクは5.1kg-m大きい。

C63クーペからのパワーアップを可能にしたのは、バンク角90°のV8エンジンに組み合わされるターボチャージャーのブースト圧を高めたことに加えて、インレット・マニフォールドのディテールを変更したから。

速度に応じてエンジン・マウントの硬さを変える ‘ダイナミック・エンジン・マウント’ がつくのもSの特徴である。

他のライバルを引き合いにだすと、BMW M4より79psと15.3kg-m、アウディRS5より90psと27.5kg-m、レクサスRC Fより34psと17.3kg-mパワフルであることもお忘れなく。

またC63クーペが機械式のLSDを使用する一方で、C63 Sクーペはより早いリアクションが可能な電制LSDを組み合わせる。ギアボックスは7速のスピードシフトMCTデュアル・クラッチ。こちらはC63と共通である。

 
最新試乗記

人気記事