ピニンファリーナをインドのマヒンドラが買収

公開 : 2015.11.14 22:50  更新 : 2017.06.01 01:41

インドのメーカー、マヒンドラはここ数週間以内にイタリアのデザイン・ハウス、ピニンファリーナを買収することに同意した。

ピニンファリーナはここ数年間損益を計上しており、その合計は€52,700,000(70億円)に膨れ上がっていた。

ピニンファリーナのメインバンクと、主要ステークホルダーであるピンカー、そしてマヒンドラを交えた交渉の結果、ピンカーの株式を売却することに決定した。

ピニンファリーナは1930年に設立されたデザイン・ハウスで、マセラティ、ロールス・ロイス、アルファ・ロメオ、ランチアといったメーカーのモデルのデザインだけでなく、ユーロスターの電車のデザインでも知られている。中でも最も有名なのはフェラーリの歴代モデルのデザインだろう。ピニンファリーナがデザインしたフェラーリはおよそ100。最新作は、2012年にピニンファリーナの創始者、セルジオ・ピニンファリーナの死を追悼すると共に、フェラーリとのジョイント60周年を記念して制作した458ベースのモデルだった。このモデルは2013年のジュネーブ・モーターショーで公開されたモデルで、合計6台が生産されている。

この買収についての詳細はまだ公表されていないが、ピニンファリーナの評価は€149,000,000(196億円)程度と評価されたようだ。

 

人気記事