ロータス・エリーゼ・スポーツおよびスポーツ220を発表

公開 : 2015.11.14 22:40  更新 : 2017.06.01 01:41

従来までのエリーゼおよびエリーゼSに代わるモデル、エリーゼ・スポーツ、エリーゼ・スポーツ220をデビューさせた。ロータスとしてはエスプリ以来久々にスポーツのネーミングが復活したこととなった。

スポーツは866kg、スポーツ220は914kgで、現行モデルよりも10kgのダイエットに成功している。この重量減は、パフォーマンスに影響するものではなく、燃費の向上につながっているという。スポーツで15.9km/ℓ、スポーツ220で13.3km/ℓという値だ。但しCO2排出量には変化がない。

両モデル共に、ライトウエイト・スポーツ・シートが装備され、1970年代のエスプリS1を思い起こさせるタータン・トリムがオプションとして設定された。また、ホイールのフロント16インチ、リア17インチのブラックまたはシルバーのライトウエイト・キャスト・ホイールもオプションとして選択可能。このホイールの装着により車重は5kgほど軽量化される。

この他、オプションとしては、ハード・ルーフ、エアコン、クルーズ・コントロール、クラリオン・ステレオ・システムなど。ボディ・カラーは全部で10色で、ブラックのリア・ディフューザーは標準装備となる。

エンジンに変化はない。スポーツは136ps、16.3kg-mを発揮する1.6ℓがスポーツに、220psの1.8ℓがスポーツ220に搭載される。パフォーマンスは、スポーツが0-100km/h加速6.5秒、最高速度204km/h、スポーツ220が0-100km/h加速4.6秒、最高速度233km/hだ。ギアボックスは共に6速マニュアルのみ。

価格はスポーツが£29,900(560万円)、スポーツ220が£36,500(680万円)からとなっており、販売はヨーロッパでは今年12月から、その他の地域では来年1月からを予定している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事