レクサスRC200t

公開 : 2016.01.20 23:50  更新 : 2017.05.29 19:23

RC Fよりも軽い車体と穏やかなパワーは武器となるか? 4気筒エンジンを搭載した200tを英国で試す。

■どんなクルマ?

こちらはレクサスRCクーペの4ポット版。478psを叩きだすV8を搭載したRC Fのひとつ下のグレードである。

ISやNX、RXが同エンジンを使用するため、すでにお馴染みのものとなりつつあるが、2.0ℓエンジンはツイン・スクロール・ターボの助力を受ける。

最高出力は244psを発揮し、8速のオートマティック・ギアボックスを組み合わせる。ギアボックスはRC Fが使用するものと同じである。

200tのなかでも今回は ‘Fスポーツ’ と呼ばれるグレードを試す。他には英国では ‘プレミア’ というグレードが用意されている。

トルセンLSDと可変ダンパーがパフォーマンス重視のダブル・ウィッシュボーン(前)とマルチリンク(後ろ)を手助けする。

外観はFスポーツならではの差別化が図られる。前後のルックスはプレミア・グレードよりもアグレッシブになり、アロイ・ホイールは19インチとなる。その他にはLEDのヘッドライトやアルミ製キックプレート、スポーツ・ペダルなど細かい部分も専用のものに入れ替わる。

ドライブ・モードはエコ、ノーマル、スポーツ、スポーツS+(Fスポ専用)の4種。スロットル、ギアボックス、ステアリング、ダンパーの反応が随時切り替わる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事