日産GT-R NISMO 2017年モデル発表

2016.05.27

日産は、5月27日、2017年モデルとなる日産 GT-R NISMO を公開した。

日産 GT-R NISMO 2017年モデルは、標準モデルと同様にフロント・エンドの新しいバンパーが特徴。エンジンの冷却性能を向上させるために、開口部は空力性能を悪化させることなく拡大し、ダーク・クローム仕上げのVモーション・グリルを配した。また、フード剛性は大幅に強化すると共に超高速域での変形を抑制し、卓越した空力性能を実現している。NISMOモデル専用のカーボンファイバー製フロント・バンパーは、カーボンファイバー・シートを幾層にも重ねて精巧に作り上げたもので、理想的な強度を実現し、カナード形状のデザインがもたらす空気の流れにより大きなダウンフォースを発生させると同時にホイールハウス周辺の空気を吸引することで空力性能をさらに向上させている。これらの改良により GT-R NISMO のボディ形状はこれまでの日産車の中で最大のダウンフォースと、超高速域での優れた安定性を実現しているという。

NISSAN GT-R NISMO 2017年モデルは、より快適な乗り心地を目指した GT-R 2017年モデルの刷新されたインテリアを踏襲しつつ、に大きな改良を加えている。新デザインのダッシュボードの上層部、ステアリング・ホイール、センター・アームレストには、高品質のアルカンターラ・レザーを使用。また、センター・ダッシュボードのレイアウトも刷新し、現行モデルでは27個あったナビゲーションやオーディオのスイッチを11個にまで削減し、簡素化している。また、タッチパネル・モニターは8インチに拡大されると共に、操作性に優れた大型のアイコンを採用している。カーボンファイバー製のセンター・コンソールに搭載された新しいディスプレー・コマンド・コントロールは、高速域における運転中でもモニターをタッチすることなく操作が可能となった。また、シートは、赤のアルカンターラを中央部分に使用したレザー仕様のレカロ製カーボン・バケット・シートを採用している。

さらに、標準モデルのボディ剛性を2%から6%ほど向上したことで、GT-R NISMO の走行性能も向上している。より高いボディ剛性とダウンフォースが、超高速域まで含めたコーナーリング時の安定性の向上を可能にしている。また、ボディ剛性の向上により、ショック・アブソーバー、スプリング、スタビライザーそれぞれのより突き詰めたセットアップを行うことができ、接地性と走行性能が向上しているという。ショックアブソーバーは、NISMOモデル向けの特別なチューニングを施し、出力600psを誇る3.8ℓV6ツインターボ・エンジンのパワーを更にしっかりと路面に伝えるとしている。

GT-R NISMO および GT-R のチーフ・プロダクト・スペシャリストの田村宏志は、「『NISSAN GT-R NISMO』 は、その名前の由来の中でも『R』 に重きを置いています。レース走行に特化することで、どのサーキットコースでも快適な乗り心地を実現し、最高レベルの興奮と喜びをドライバーに提供しています。新型『NISSAN GT-R NISMO』 は、『NISSAN GT-R』2017年モデルをベースに、パフォーマンスの向上だけでなく、よりバランスのとれた、全体的に高級感のあるマシンに仕上げました。これは、究極のドライビングプレジャーを常に追求した結果です」とコメントしている。

ボディ・カラーは全部で5色、エンジンは横浜工場で、そして組み立ては栃木工場で行なわれる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×