アウディA3コンバーチブル1.4 TSFI

公開 : 2016.07.01 05:30  更新 : 2017.05.29 18:13

中期のフェイスリフトを果たしたA3コンバーチブルを英国の道で初テストする。

■どんなクルマ?

ヴィクトリア様式の乳母車に形は似ているが、ファッションに敏感な層やアウディ・ブランドに好意的な層から強い指示を受けていたA3カブリオレ。

3代目A3スポーツバックをベースとするこちらのモデルはつい先ごろフェイスリフトが実行され、英国で試すチャンスが訪れたのである。

エンジン・ラインナップは、1.4ℓガソリン、2.0ℓガソリン(2種、うち1種はS3用)、1.6ℓディーゼル(2種)、2.0ℓディーゼルの全6展開となる。

すべてのグレードには、キセノン・ヘッドライト、クルーズ・コントロール、オートマティック・レイン・センサー/ヘッドライト、スマートフォン接続機能が標準。LEDヘッドライトと ‘流れる’ ウインカーはSラインとS3には標準で、それ以外はオプションとなる。バーチャル・コックピットも初めて選べるようになった。また渋滞アシスト、エマージェンシー・アシスト、可変クルーズ・コントロール、リア・クロス・トラフィック・アシスト(後方の死角検出)も追加装備のひとつだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記