ルノー・クリオRS16

公開 : 2016.07.12 05:50  更新 : 2017.05.29 19:22

ルノー・クリオRS16は、公式にはコンセプトカーであるが、われわれは市販化を強く望んでいる。

■どんなクルマ?

ルノー・クリオRS16は、ルノー・スポーツの40周年を祝すために制作されたコンセプトカーであり、ルノー・スポーツのマネージメント部門は限定で販売するかどうかを迷っている段階である。

モーターショーのスタンドで照明を浴びて静止していることよりも、グッドウッドのヒル・クライムでデビューする道を選んだのは、コンセプトカーではあるものの、走りに対して力が注がれているからだ。

RS16には、トルクステアを軽減するためにダブルアクシス・ストラットが組みこまれており、前後のボディ・トレッドは60mm外に張りだしている。また35mmのブレーキ・ディスクをカバーする19インチのホイールを収めるために、ボディワークが見直されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事