ビジョン・メルセデス-マイバッハ6の写真がインターネット上でリーク

公開 : 2016.08.18 04:40  更新 : 2017.06.01 00:44

今週末のペブルビーチ・コンクール・デレガンスで発表される予定のビジョン・メルセデス-マイバッハ6の写真がインターネット上でリークされた。Carscoops上で公開されたこの写真では、ビジョン・メルセデス-マイバッハ6の全体像が明らかになっている。

その曲線で構成されるボディとガル・ウィング・ドア、フルワイズのヘッドアップ・ディスプレイを持つ未来的なキャビンなどだ。

全長が6mオーバーというサイズで、これはSクラスよりも80cm、AMG GTよりも1.5mほと長いサイズである。

このコンセプトは、純粋なデザイン・コンセプトであり、一般市販車とは何ら関係性を持たないが、2ドア・クーペをメルセデス-マイバッハ・ブランドで公開したということは、将来的にスポーツ・モデルがメルセデス-マイバッハ・ブランドからリリースされるかもしれないということを示唆している。

現在のメルセデス-マイバッハのラインナップは、SクラスをベースとしたS600のみだ。メルセデスはマイバッハの将来の計画については一切口を閉ざしているが、セールス・ボスであるオラ・カレニウスは、今年の始め、AUTOCARに、メルセデス-マイバッハ・ブランドも親会社同様にゼロ・エミッション・モデルを考えているとコメントしている。

彼は「メルセデスがゼロ・エミッションに大きな資本を投資している。これが全体のポートフォリオに影響を及ぼすことは確かである」と話した。これは、メルセデス-マイバッハ・コンセプトが、古典的なスポーツカー・スタイルと、エレクトリック・ドライブトレインをミックスしたモデルであることを示唆している。

同時に、関係者はメルセデスが、ライバルであるロールス・ロイスやベントレーのようなビスポーク部門を設立することに大いなる興味を持っているとしている。今回のようなワンオフのモデルを表現することは、マイバッハのデザイナーの能力を示すためのものと思われる。

このコンセプト・モデルの詳細は、8月21日のペブルビーチ・コンクール・デレガンスで明らかになる。



▶ 海外ニュース / ビジョン・メルセデス-マイバッハ6のティザー・ビデオを公開

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事