スコダ・オクタビア1.0 TSI S

公開 : 2016.08.23 05:40  更新 : 2017.05.29 18:39

スコダ・オクタビアのエントリー・グレードは、経済性を考慮して気筒数を4本から3本へ減らした。

■どんなクルマ?

まったく同じモデルをドイツでテストしたのは今年の6月だったが、エントリー・グレードに1.2ℓ4気筒ではなく、1.0ℓ3気筒ユニットを充てがうVWグループの英断に、われわれはポジティブな意見を示している。

今回も同じクルマ、つまり1.0TSIと呼ばれるエントリー・グレードであるが、今回のテストの地はホーム・グラウンド。英国内である。

バジェットに余裕があり、やわらかい室内マテリアルを求めるのならば、おなじグループ会社が作るフォルクスワーゲン・ゴルフやアウディA3の3気筒ユニット搭載車を考えてみるのも、とても有意義だといえるだろう。

このページの主役が載せるエンジンの最高出力は115ps/5500rpmとなり、従来の1.2ℓよりも排気量が小さくなったにもかかわらず出力は9ps大きい。トルクは2.6kg-mもアップした。

0-100km/hタイムこそ、9.9秒とこれまでとは変わらないもおの、スコダが公表している平均燃費は22.2km/ℓに達している。従来の20.4km/ℓと比べると大きな向上だといっていいだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事