レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブル (オフロード・インプレッション)

公開 : 2016.08.23 05:50  更新 : 2017.05.29 19:19

レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブルが、どれほどのオフロード走破性を持ちあわせているのかを調べるために、われわれ一行は太陽がなかなか姿を見せたがらないブライトンに向かった。

わたし自身、このクルマがプロトタイプのときからテストをつづけてきた。‘タンゴ・オレンジ’ というカラーに塗られたそのクルマを走らせたのは、たしかスイスの山脈のひとつ、シュヴァイツァー・アルペンだった。

標高の高い山々から、空に突き出すように生えた高山特有の樹木だけでなく、背の低いヤグルマギクを見ながら走ったこともあるし、指3本分ほどまでに積もった雪のうえを走らせたこともある。

このようにして、さまざまな環境をともにしたイヴォーク・コンバーチブルの印象は、はやり言葉を使うならば ‘微妙’ といったところ。ただ、もちろんプロトタイプであったから、ある程度のことは見逃してきた。

それからおよそ6ヶ月が経った。いま、わたしの目の前に停まっているのは右ハンドルの完全なる製品版であり、ボディは ‘ユーロン’ ホワイトという色に塗られている。ファブリック・ルーフはブラックである。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事