日産GT-R NISMO 17年モデルを発売

2016.08.25

日産は、日産GT-R NISMO 17年モデルを発売した。また、7月11日発表のトラック・エディション・エンジニアード by NISMOも併せて発売開始した。

日産GT-R NISMO17年モデルは、GT-Rと同様に新形状のフロントバンパーを特徴としている。NISMO専用のカーボンファイバー製フロント・バンパーは、カーボンファイバーシートを幾層にも重ねて作り上げることで理想的な強度を実現。カナード形状のデザインがもたらす空気の流れにより、ホイールハウス周辺のエアを吸引し、大きなダウンフォースを発生する。新デザインのグリルは、開口部の拡大によりエンジンの冷却性能を向上させながらも、バンパーサイドの形状を最適化することで、従来の空気抵抗及びダウンフォースの維持を可能にした。さらに、エンジンフードは、剛性の向上により超高速域での変形を抑制し、卓越した空力性能を実現。これらの改良によりGT-R NISMOはこれまでの日産車の中で最大のダウンフォースと、超高速域での優れた安定性を達成した。

インテリアでは、操作性にこだわったナビ・ディスプレイを8インチに拡大し、併せて大型のアイコンを採用することで、視認性を向上させた。またパドルシフトは、ステアリングホイール固定タイプに変更され、ドライバーが手を離すことなくシフトチェンジできる操舵角領域が広くなっている。

走行性能も17年モデルでは向上し、標準モデルと同様、ボディ剛性の向上により、ショックアブソーバー・スプリング・スタビライザーのそれぞれの突き詰めたセットアップが可能となり、接地性がよく、しなやかで正確に動くサスペンションを実現した。採用されたビルシュタイン・ダンプ・トロニックはモード設定型電子制御式のショックアブソーバーで、NISMO専用の特別なチューニングを施し、出力600psを誇る3.8ℓV6ツインターボ・エンジンのパワーを路面に伝えることが可能となった。

価格は18,700,200円。トラック・エディション・エンジニアード by NISMOは13,699,800円。


▶海外初試乗 / 日産GT-Rトラック・エディション
▶海外初試乗 / 日産ジュークNISMO RS 2WD

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×