ホンダ、2代目NSXの受注を開始

2016.08.25

ホンダは、NSXを26年ぶりにフルモデルチェンジし、本日より購入申し込み受付を開始、2017年2月27日より発売すると発表した。

2代目のNSXは、高効率・高出力の3モーター・ハイブリッドシステム、スポーツ・ハイブリッドSH-AWDを採用。ミッドシップにレイアウトした新開発のV型6気筒ツインターボ・エンジンと、高効率モーターおよび9速DCT、そしてトルクベクタリングを可能とするフロントの左右独立モーターなどの組み合わせにより、リニアで力強い加速や、優れた回頭性能を実現する。

システム最高出力は581ps、システム最大トルクは65.9kg-mで、駆動方式はAWDになるがパワーユニットの制御によりMR、EV走行のFFを自在に使い分ける。

シャシーは、高剛性の押出成形アルミ材を中心とした複数素材によるスペースフレーム。バッテリーパックは後席後方に設置し、3つのモーターで駆動・発電・回生する交流とバッテリーパックで充放電する直流を相互変換するパワードライブ・ユニットはセンターコンソール下に配置した。

開発は日本と米国の合同チームで進めたが、生産は米国オハイオ州のNSX専用工場、パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターで一貫して行う。

本日開催された発表会には八郷隆弘代表取締役社長のほかに、NSX開発責任者のテッド・クラウス、生産責任者のクレメント・ズソーザが登壇。日本のファンに向けて「オハイオから1台1台丹精を込めてお届けします」とコメントした。

価格は23,700,000円。


▶徹底解説 / ホンダNSX
▶海外初試乗 / ホンダNSX

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事